ヤミ金の嫌がらせ|Part4

更新日:

闇金の嫌がらせに『鬼電』と言われるものがあります。

これは2、30分もの間ずっと電話をかけられるというものです。

本人に携帯電話にされることはほとんどありません。

むしろ勤務先にやられることが多いようです。

 

本人の携帯電話であれば、かけられている間電話を使えない、または充電が早く切れるというデメリット以外には、ほとんど被害は及びません。

しかし、企業がこの鬼電をされると、業務に支障をきたします。

しかも複数回線に対して一気に電話をかけてくるので、3~4回線しか電話線を引いていない小さな会社であれば、すべての回線をパンクさせられることになり、お客様からの電話を受けることができなくなってしまうのです。

他にも電話が鳴り響けば集中して他の仕事にとりかかることもできません。

事情を知らない従業員たちは、なんだなんだとなることでしょう。

 

このような原因を作ったあなたに対して、責任を追及される恐れがあります。

そもそも闇金から借金をするような人は、もともと会社からも信用されておらず、鬼電を口実にクビにされるケースが少なくないようです。

現在では、鬼電をするためのアプリがあるようです。
もちろん違う用途に開発されたものですが、いつになっても便利なものを悪用する人は尽きません。

電話一本で人生を狂わされる・・・

恐ろしいことです。

 

ヤミ金被害で悩んでいる方 闇金トラブル解決ナビ

闇金に強い弁護士・司法書士に相談することが、スピード解決の一番の近道です!

当サイトで紹介している事務所は、日本でもトップクラスの闇金解決率を誇る【闇金問題専門の事務所】です。
無料相談で、闇金の嫌がらせに怯えない日常を取り戻しましょう!!

-闇金の手口

Copyright© 闇金トラブル解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.