ヤミ金に借用書を渡しているとき

更新日:

電話でのみのやり取りしかしない闇金ではあまりないのですが、対面(実際に顔と顔を合わせて)取り引きの場合、借用書に署名捺印させられるケースが多いようです。

実際には35万しか現金で借りてはいないにもかかわらず、書面上は50万などの借りた金額以上の数字がかかれます。

金利を書いてしまうと、違法性を証明してしまうことになるので、書面上では50万貸して50万返してくださいという内容になっているのです。

借用書は当然ですが、法的に有効な内容となっています。

 

また、こういったケースでは返済をしても領収書をもらえない傾向があります。

つまり、返済したことにならないのです。

これは非常にまずい状況です。

このままでは、極端にいえば一生金を支払いつづけなければならないことになるのです。

 

もし、こういった状態におちいっているのであれば、早急に専門家と警察に相談されることをお勧めします。

もう一度いいます。非常にまずい状況です。

 

ヤミ金被害で悩んでいる方 闇金トラブル解決ナビ

闇金に強い弁護士・司法書士に相談することが、スピード解決の一番の近道です!

当サイトで紹介している事務所は、日本でもトップクラスの闇金解決率を誇る【闇金問題専門の事務所】です。
無料相談で、闇金の嫌がらせに怯えない日常を取り戻しましょう!!

-闇金の手口

Copyright© 闇金トラブル解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.