ブラックリストに載る条件ってなに?

更新日:

どんな場合に「ブラックリストに載る」ことになるかご存知ですか?

  • 自己破産・任意整理・個人再生などの債務整理を行った場合
  • クレジットカード、消費者金融の支払いが滞った場合
  • 携帯電話の支払いが滞った場合

など、要は借りたお金を返せない状況に陥った、踏み倒したといった『金融事故』が発生した場合、「ブラックリストに載る」ことになります。

 

念のために書いておくと、ブラックリストと呼ばれるリスト(名簿)は、実際には存在しません。

銀行・クレジットカード会社・消費者金融(サラ金)などは、自社の利用者情報を持ち寄り、加盟する「信用情報機関」にてひとつのデータとして管理され共有しています。

過去に悪い利用履歴があることを差す言葉を、通称「ブラックリストに載った」と言っているのです。

悪い利用履歴があれば、お金を貸したくないのが当然ですから、新たにカードを作れない、ローンが組めない状態になるというわけです。

 

ただし、個人信用情報は機関によって年数は異なりますが、古い履歴から消えていきます。

ご自身の今の履歴が分からない場合は、各信用情報機関に開示請求することができます。

「昔、何度か支払いが遅延したからブラックだと思う・・・」と悩む前に、調べてみることをおすすめします。

 

現在、日本国内にある「信用情報機関」は以下の3機関です。

信用情報機関|名称 主な登録加盟企業
全国銀行個人信用情報センター(JBA) 銀行・信用金庫・信組・農協系
シー・アイ・シー(CIC) クレジットカード会社・信販会社系
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融・信販会社系

 

 

ヤミ金被害で悩んでいる方 闇金トラブル解決ナビ

闇金に強い弁護士・司法書士に相談することが、スピード解決の一番の近道です!

当サイトで紹介している事務所は、日本でもトップクラスの闇金解決率を誇る【闇金問題専門の事務所】です。
無料相談で、闇金の嫌がらせに怯えない日常を取り戻しましょう!!

-闇金通信

Copyright© 闇金トラブル解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.