債務整理を考える

「複数の消費者金融からお金を借りていて、返済の目途がたたない」

「家族に内緒で借金返済をしたい」

「金利が高く、どれだけ支払っても元金が減らない」

借金の返済、多重債務で困ったとき、債務整理を検討してみてはいかがでしょうか。

 

債務整理とは

借金を抱え苦しんでいる方には、「債務整理」という借金から救ってくれる制度があります。

債務整理には、【任意整理】【個人再生(民事再生)】【自己破産】があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

また、借金を見直すことで、お金を払いすぎているケースがみつかることがあり、【過払い金請求】という手続きを行うことで、払いすぎた利息を返還請求することができます。

 

「借金を返済したい」と言っても、住宅・車は手放したくない、今すぐすべての借金をなくしたい、借金の減額を希望している、など相談者の事情や考えがあり、それぞれ適した解決方法があります

ひとりひとりの悩みに合わせた、最適な債務整理の方法をみつけてください。

 

また、債務整理は闇金被害同様、通常、弁護士・司法書士に依頼することになります。

債務整理の「無料相談窓口」を設けている事務所に、まずは相談の連絡をしてみましょう。

自分にとってベストな解決策を探してください。

 

 

任意整理

任意整理とは、弁護士・司法書士などの専門家が、債権者と任意で返済方法など交渉し、月々の支払いが可能となるよう、無理のない返済条件で合意を成立させる手続きです。

債権者の同意を得ることで、将来利息(今後の金利)をカットし、元金を分割払いで支払うことが可能となります。

債務整理の手続きの中で、最も利用される手続きが「任意整理」です。

 

デメリット
・ブラックリストに載るため、今後約5年借り入れができない
・個人再生・自己破産と比べ、減額幅が少ない

 

個人再生(民事再生)

個人再生(民事再生)は、裁判所に申し立てをし、債務を大幅に減額(5分の1程度)し、3年から5年の長期の分割返済にしてもらう手続きです。

自己破産はしたくない、住宅や車を手放さずに手続きしたい場合、選ばれる債務整理のひとつです。

 

デメリット
・返済を継続できる収入があることが条件
・ブラックリストに載るため、今後約5~10年借り入れができない
・「官報」に住所・氏名が載る

※「官報」とは、国が発行する機関紙のことです。

一般人の目にはあまり触れないため、あまり気にしなくてもよいかもしれません。

但し、誰でも見ることができますので、闇金業者から勧誘の電話がかかってくることもあります。

 

自己破産

自己破産とは、裁判所に申し立てを行い、免責許可を得ることで借金を免除(ゼロ)にしてもらう手続きです。

所有している一定の財産は手放すことになりますが、自己破産を行うことで経済的再建を図ることができます。

自己破産をしても、解雇されたり ※、選挙権がなくなったり、年金がもらえなくなる、ということは一切ありません。

※資格制限について
自己破産をする場合、一定期間、保険外交員や警備員などの職種に就くことができませんので、注意が必要です。

 

デメリット
・財産を手放す必要がある
・ブラックリストに載るため、今後約5~10年借り入れができない
・「官報」に住所・氏名が載る

 

過払い金請求

過払い金とは、貸金業者に利息制限法の上限利率を超えた契約で返済を行っていた場合、本来払う必要がないにも関わらず、返していたお金のことです。

出資法(29.2%)と利息制限法(15~20%)の上限利率の差額分を計算しなおす(引き直し計算)ことで、過払い金が発生します。

過払い金を取り戻すことを、「過払い金請求」と呼んでいます。

貸金業者との取引が終了していた場合でも、10年以内であれば請求可能です。

 

 

債務整理は、弁護士・司法書士に相談しよう

債務整理の相談を、弁護士・司法書士にする際、一点だけ注意が必要です。

司法書士の場合、1社 140万円を超える案件の交渉ができないという決まりがあります。

相談される前に、事前にご自身の借金状況をまとめられていると思いますので、確認をしておきましょう。

 

扱える金額の上限について

※相談者の方が法律家を選ぶ際、選択肢を狭めることがないよう注意として書かせていただきます。

当サイトに、「司法書士は借金総額140万円を超えると対応ができないのでは?」とのご質問をいただくことがあります。

正式には個別の債務(借金)の金額が140万円を超える場合は、司法書士が代理して和解手続きを行うことができない』です。

簡単な例をあげると、2社から100万円づつ借金があり、合計額が200万となる場合、2社とも司法書士が交渉手続きを行うことができます。

ただし、個別の債務額(借金)が140万円を超える場合、司法書士には債務整理や過払い金請求の交渉権はありませんので、多くの場合弁護士に依頼することになります。

 

 

当サイトで、闇金問題解決のおすすめ専門家としてご紹介している、「ウイズユー司法書士事務所」についは、債務整理についても力を入れているようです。

サイトのコピーを張っておきますので、気になる方は無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

ウイズユー司法書士事務所|債務整理

 

更新日:

Copyright© 闇金トラブル解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.