携帯電話買取詐欺(白ロム詐欺)とは

闇金から融資のためにスマホやタブレットを郵送するように指示をされる、「携帯電話買取詐欺(携帯電話購入詐欺)」被害について、手口と対処法を紹介しています。

 

携帯電話買取詐欺(白ロム詐欺)とは

携帯電話買取詐欺とは、闇金業者が融資(審査)という名目のもと、携帯電話やスマートフォンを送付させる手口のことです。

融資の説明を受ける際、審査には信用情報確認する必要があるため、携帯電話・スマホを購入し送付するように誘導されます。

携帯電話を送った後は、闇金と連絡が取れなくなり、もちろん希望の融資をされることはありません。

被害者には、携帯電話を購入した端末代金という借金が残ります。

この手口が悪質なのは、被害者名義で購入した携帯電話を闇金業者に犯罪で利用されてしまうことです。

 

なぜ、闇金は携帯電話・スマホを購入させるのか?

闇金の商売道具で最も重要なもの、言わずと知れた携帯電話です。

携帯電話は、闇金業界では1台20万ほどで売買されるほど価値があります。

それ故、弁護士や司法書士などの法律家が出てきた場合、携帯電話の利用を停止されることを恐れ、早々に手を引く場合があります。

※弁護士・司法書士は、職権で違法に使われている携帯電話の利用停止の手続きをとることができます。

 

携帯電話の転売目的は犯罪になる?

です。

携帯電話は、月々の電話料金を支払う契約になっており、転売目的の購入は違法とされています。

つまり、内容次第では、あなたが逮捕されることもありえるということです。
携帯電話の借金が残るだけでなく、逮捕までされてしまうという最悪の結末を迎える方もいるようです。

警視庁| 携帯電話等を販売店からだまし取る行為は犯罪です!

実際に使用するつもりも、購入代金・利用料金を支払う意思もないのに、携帯電話等を契約し、販売店からだまし取った携帯電話等をアルバイト斡旋業者なる者に渡してアルバイト料をもらう
という人がいるようです。しかし、このような
携帯電話等を販売店からだまし取る行為は犯罪です!
携帯電話販売店に対する詐欺罪が成立します

警視庁ウェブサイトから引用

 

解決|既に携帯電話を買ってしまった・・・

まだ闇金に送付していない

あなたが不安になり、理由をつけて発送する時間を引き延ばしているのであれば、今すぐ闇金に強い弁護士や司法書士に相談されることをお勧めします。

闇金に「購入する」と言った場合、闇金は放っておきません。
あなたにプレッシャーを与えるために、教えてしまっている職場にも連絡してくるでしょう。

こうなってしまうと、個人で解決することは非常に困難です。

闇金も手間があまりかかっていない今なら、法律家が介入することで、手を引きやすいのです。
嫌がらせを始めてからでは、闇金も引くに引けなくなる傾向があります。

一刻も早く相談されることをお勧めします。

 

送付してしまった…

手元に宅配伝票の控え(伝票番号)を準備し、今すぐ、宅配業者に連絡をして、郵送ストップしてもらいましょう。
宅配伝票を書いたとき、依頼人の欄に「同上」と書くよう、闇金から指示を受けていた場合、「郵送を止めて」と電話連絡しても止めることができません。

止めたらすぐ、闇金に強い弁護士や司法書士に相談してください。

商品が届かないことを知った闇金が、次にすることは、あなたへの催促です。
無視をしていたら、今後は勤め先に電話がかかってきます。

だからこそ、一刻も早く専門家に相談されることをお勧めします。

 

対策|携帯電話買取詐欺に合わないために

借りる前に、「登録貸金業者情報検索サービス」で正規の貸金業登録業者かどうか、調べてください。

この確認をするだけで、闇金被害は大幅に減少します。

また、当サイトでは、「ヤミ金データベース」で闇金業者の情報を開示しています。

電話番号から検索ができますので、事前に確認することを強くおすすめしています。

更新日:

Copyright© 闇金トラブル解決ナビ , 2018 All Rights Reserved.